2010年03月02日

堀将俊

堀 将俊(ほり まさとし、元和6年1月16日(1620年2月19日) - 延宝7年9月2日(1679年10月6日))は小千谷縮の祖とされる人物。明石次郎、明石様とも呼ばれる。経歴播州明石の出身。17世紀(寛文年間頃)、妻と2人の娘と共に越後国山谷村(現新潟県小千谷市)の庄屋西牧彦次右衛門の家に移り住んだ。明石出身ということで明石次郎と呼ばれていた。そして、この地方で織られていた越後麻布の改良に成功した。村人に教え、次第に魚沼郡全域、刈羽郡、頸城郡にまで広がった。1679年、死去。死後、小千谷縮の発明、発展の功績を称え、小千谷の人々は極楽寺に明石堂を建立した。そして明石様とよんで称えた。今も、5月12日と9月12日に祭礼が行われている。関連項目小千谷縮越後上布極楽寺小千谷市外部リンクコトバンク 明石次郎 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A0%80%E5%B0%86%E4%BF%8A」より作成カテゴリ: 越後国の人物 | 播磨国の人物 | 1620年生 | 1679年没

業界つなぎ留めろ…自民、各種団体と懇談(読売新聞)
法科大学院14校、中教審が「問題あり」(読売新聞)
<伏見稲荷>恒例「初午大祭」…家内安全、商売繁盛を祈願(毎日新聞)
<マンション協力金>不在所有者の負担認める 最高裁判決(毎日新聞)
<訃報>中村寛一さん87歳=元百十四銀行専務(毎日新聞)
posted by JOJO太郎 at 11:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。