2010年01月29日

「平城京セレブのデザート」、古代の乳製品「蘇」が人気 (産経新聞)

 平城遷都1300年を迎えた奈良県で奈良時代の味覚を楽しみたい。そんな要望に応え、葛城市の酪農家でつくる農事組合法人「ラッテ・たかまつ」で古代の乳製品「蘇(そ)」が生産されている。また、蘇を使ったキャラメルの新商品もラインアップされた。

 蘇は、古代の貴族がデザートや薬用に食したとされ、文武天皇4(700)年には作られていたことが文献資料で確認されている。平城京跡(奈良市)から出土した木簡などから、全国から献上されていたことも知られている。

 そんな古代の高級品を気軽に味わってもらおうと、ラッテ・たかまつ代表の高松久仁子さん(63)が、奈良文化財研究所飛鳥資料館などが文献資料から推定した製法で復元した。「ミルクを煮詰めるシンプルな製法ですが、仕上げに苦労しました」と高松さん。

 蘇はチーズにもたとえられるが熟成の工程がなく、発酵食品特有のクセはない。ミルクを凝縮した自然の甘味が広がり、上品な余韻が残る。

 昨年秋から4センチ角(700円)を販売しているが、一口サイズ4個入りも発売予定。蘇が入った最中アイス(1個300円)や今冬の新商品「大和茶の蘇入り生キャラメル」(7粒入り500円)も。大和盆地を見渡せる牧場近くの「山の喫茶店 夢ラッテ」で販売している。問い合わせは、ラッテ・たかまつ(電話0745・62・3953)。

【関連記事】
最高級チョコを使用 ローソンがチョコロールケーキを発売 
「女子ラーメン部」 素人目線で“付録”が“主役”
NYサーロインステーキ シンプルかつ豪快に食べる!
マック“独り勝ち”いつまで 淘汰始まるバーガー業界
チルドデザート市場、1.2%増見通し 内食回帰で6年連続プラス

<訃報>酒井次吉郎さん87歳=元静岡銀行頭取(毎日新聞)
女流名人位戦、里見が先勝(産経新聞)
石川遼選手、今年もe−Tax=劇団四季「キャッツ」も模擬体験(時事通信)
小沢氏続投、支持相次ぐ=事情聴取受け閣僚が発言(時事通信)
<恐喝容疑>書籍の強引販売で出版社強制捜査へ 岡山県警(毎日新聞)
posted by JOJO太郎 at 01:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

教員免許更新講習 受講者9割「よい」(産経新聞)

 昨年4月に導入された教員免許更新制で、大学で受けた講習の内容や最新知識を得た成果などについて「よい」と評価する教員が9割を超えることが25日、文部科学省のまとめで分かった。更新制を含む教員免許制度は、抜本改革に向けた調査と検討が今春から行われる予定で、民主党幹部からは更新制の廃止も明言されている。しかし、文科省や大学関係者らが「予想以上」とする受講者の評価の高さは、今後の議論にも影響を与えそうだ。

 受講後に教員が必ず提出する「事後評価」を集計したもので、25日の中央教育審議会の教員養成部会に提出された。高評価を受けて部会では、「せっかくいい制度を構築したのだから、変更するにしても徐々にやってほしい」(角田元良聖徳大学大学院教授)、「議論した上で変えるならいいが、政権交代が理由でころころ変わるのは困る」(岩瀬正司・全日本中学校長会長)などの意見が出された。

 教員免許更新制は、教員が10年ごとに「必修」と「選択」科目で計30時間以上の講習を大学などで受けるもの。認定試験で不合格となれば、2年以内に再試験で合格しない限り、教員免許が失効する。

 評価は昨年12月までの報告分が集計され、人数は必修で延べ5万7027人、選択で延べ14万4049人。「内容・方法」「最新知識・技能修得の成果」「運営面」の3項目で評価が行われ、4段階のうち「よい」「だいたいよい」とした評価は3項目合計で必修90・8%、選択93・8%に上った。

 特に選択は内容で57・7%、知識修得の成果で56・4%が「よい」とされるなど、評価が高かった。

 また、昨年12月時点での受講者数は、今年度末までの受講対象者の約8割にあたる約7万1千人だった。

 文科省は「大学側の努力が評価された」としつつ、「更新制という制度自体に対しては、別な評価が出るかもしれない」と慎重な見方も示している。

 民主党はマニフェストで教員養成課程の6年制への移行を明記。更新制についてはマニフェストで触れていないが、輿石東参院議員会長が昨年9月、平成23年度にも廃止する意向を表明した。また、民主党を支持する日教組も、更新制廃止を強く主張している。

                   ◇

 横須賀薫宮城教育大名誉教授の話「教育委員会が行う行政研修への不満が多い教員にとって、更新講習は大学でアカデミズムに触れる喜びがあるのではないか」

 

「これで沈静化して」…民主議員、言葉少な(読売新聞)
産業ガス団体を公取委立ち入り カルテル疑い(産経新聞)
生活習慣病領域でOD錠が増加(医療介護CBニュース)
春の訪れ、早めか=気象庁3カ月予報(時事通信)
自民・谷垣総裁、片山元総務相の公認に「慎重」(産経新聞)
posted by JOJO太郎 at 15:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月26日

今年のセンター試験、科目間の得点調整なし(読売新聞)

 大学入試センターは22日、今月16、17日に行われた大学入試センター試験の科目間の得点調整は行わないと発表した。

 得点調整の対象科目は、地理歴史の3科目、公民の3科目、理科の4科目。平均点に20点以上の差が出た場合に検討するが、ほとんどの採点を終えた22日現在で、最も開きがあった生物1(69・70点)と化学1(53・78点)の差が15・92点にとどまった。

原発放射線管理区域内に吸い殻…原電と関電(読売新聞)
ネット掲示板に男児裸画像=容疑で専門学校生逮捕−警視庁(時事通信)
小沢氏きょう聴取 「関与」「原資」焦点に(産経新聞)
進次郎氏「分からないは、ぶれない」鳩山首相をチクリ(スポーツ報知)
菅家さん否認「虚偽と思った」=元検事、謝罪はせず−足利事件再審公判・宇都宮地裁(時事通信)
posted by JOJO太郎 at 11:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。